黒田装束店について

京都御苑・堺町御門前に店を構え、江戸初期より装束を調進し、
自家製仕立てから衣紋(着付け)まで一貫して携わっております。

当主は代々「丹波屋平七」を襲名してきましたが、
明治維新以後「黒田」姓を名乗るようになりました。

京都では葵祭・時代祭・稲荷祭・吉田追儺式などの装束を調進。

現在では、研究資料として博物館・大学からも依頼を受け、
有職故実に則った装束の調進に努めております。

看板[黒田装束店]
京都市歴史的意匠屋外広告物指定
看板[宮内省御用調進所]
看板[伏見稲荷大社御用達]

装束、神祭調度品の調進

板引

他に有職故実に則った装束文化の発展の為、下記も展開しております。
詳しくは各サイトをご覧ください。

装束体験

  • 老舗モール
  • 京のたしなみ帖
  • きょうと修学旅行ナビ
  • 京都観光Navi
  • チキタビ
  • 中尾写真場
  • いつきのみや歴史体験館

    (体験装束調進)
     〒515-0321
     三重県多気郡明和町大字斎宮3046番地25
     TEL.0596-52-3890

結婚式

  • 上賀茂神社
  • 中尾写真場

    《吉田神社》

  • 今宮神社

    (準備中)

七五三

  • 中尾写真場

    《吉田神社》

住所京都市中京区丸太町通堺町東入鍵屋町63番地
(京都御苑堺町御門前)
TEL075-211-8008(代)
FAX075-231-1078
E-mailkuroda-heisiti@office.to
  • 京都神祇調度装束協同組合加盟
  • 伝統服飾工芸協同組合(六選会)加盟
  • 映画「二人日和」舞台、装束監修
ページ上部へ戻る